• 2021.2.11
  • #Topics
KENTAがAEWマットに初参戦! 超大荒れとなったタッグマッチでモクスリーに再びgo 2 sleepを炸裂!!【2.10AEW大会結果】

アメリカ現地時間・2月10日(日本時間・2月11日)に行われたAEW(All Elite Wrestling)のTVマッチ『AEW DYNAMITE』に、BULLET CLUBのKENTAが出場した。

※このAEWでのタッグマッチは、2月12日(金)18時頃~新日本プロレスワールドで配信予定

メインイベントで行われたKENTA&ケニー・オメガ vs ジョン・モクスリー&ランス・アーチャーに出場。試合ルールはリング以外の場所でのフォールも有効となる、フォールズカウント・エニウェアマッチで行われた。

KENTAはIWGP USヘビー級王座の挑戦権利証が入ったブリーフケースを携えて、新日本プロレスと同様の入場テーマで登場。リングインすると、コーナーに上りそのケースを高々と掲げる。続いてケニーがドン・キャリスを伴い、AEW世界王座のベルトを腰に花道を進む。

対する相手チームは、アーチャーがマネージャーのジェイク・ロバーツを帯同して登場。続いてモクスリーがUSヘビーのベルトを手に、KENTAをにらみつけてからリングイン。そして、USヘビーのベルトを誇らしげに突き上げる。

ゴングが鳴らされる瞬間、KENTAはモクスリーにブリーフケースで殴りかかると、ストンピングを乱打。KENTAはブリーフケースでアーチャーにも背後から殴打。

アーチャーはゆっくりと振り向き、KENTAに詰め寄る。すかさず、ケニーが背後からアーチャーの膝裏に打撃を見舞い、KENTAもブリーフケースを投げつける。そして、ケニーがアーチャーにコタロークラッシャーを炸裂。不安要素もあったKENTA&ケニーだったが、序盤から息のあった連携を見せる。

だが、ここでモクスリーがKENTAに反撃開始。ストンピングの嵐を見舞うも、これはケニーが救出。ケニーはモクスリーにストンピングを浴びせるが、KENTAは「俺の獲物だ」とばかりにカットに入る。そして、自身がストンピングを繰り出すが、ケニーがストップをかけ、二人は口論を始める場面も。

モクスリーに対し、ケニーが逆水平チョップ、KENTAがキックで反撃し、さらにトレイン攻撃を敢行。しかし、突進してきたKENTAを、アーチャーが死角からの豪快なショルダータックルで吹っ飛ばす。モクスリーもKENTAにラリアットを炸裂。

モクスリー&アーチャーは、KENTA&ケニーに対し、交互に串刺し攻撃をお見舞い。ケニーとアーチャーが争う中、KENTAとモクスリーが激しいエルボー合戦に突入! さらにフロントキックの応酬から、KENTAはgo 2 sleepの体勢に。しかし、モクスリーは切り抜けてデスライダーを狙う。すると、ケニーがスチールバケツでモクスリーに殴りかかってカット。そしてコーナーにバケツをかける。

ケニーはモクスリーにカミカゼを見舞うと、セカンドロープに飛び乗りバケツをキャッチし、そのままムーンサルトプレスを敢行。さらにケニーがモクスリーの上にバケツを設置すると、KENTAがそこ目掛けて低空ドロップキックをヒット。

試合中盤は、4選手による場外戦が展開。なんと、KENTAとモクスリーは会場内のキッチンでも乱打戦を展開。モクスリーはKENTAを冷蔵庫に叩きつけ、さらに配膳台の上でパイルドライバーを狙うも、切り抜けたKENTAはDDTをお見舞い。そして、配膳台のうえでGAME OVERを決めるが、アーチャーが大量のジャガイモが入った段ボールで殴りつけてカット。

ケニーとモクスリーがアリーナに戻って激しい攻防を展開する中、アーチャーとKENTAもアリーナに戻り、入場ステージ付近でラフファイトを繰り広げる。

アーチャーは放送席にパワーボムで叩きつけようとするが、KENTAは脱出。そして、アーチャーのラリアットをかわすと、そのままダッシュし、段差のあるステージからテーブル上でグロッキー状態のモクスリーにダイビングフットスタンプを炸裂。この衝撃で両者は大の字になってしまう。

試合終盤、リングではアーチャーとケニーが対峙。ケニーは竹刀で殴りかかるが、アーチャーは受け止めるとヒザを使って真っ二つに。アーチャーは、ケニーの手をつかんでロープウォーク。そして、その状態からムーンサルトアタックを敢行。さらに、アーチャーはブラックアウトを狙うと、ここで“グッド・ブラザーズ”ことカール・アンダーソン&ドク・ギャローズが乱入。

混戦模様のリング上、ケニーはジェイク・ロバーツに手で作った銃口を向けると、Vトリガーを狙う。しかし、突進するケニーをモクスリーが有刺鉄線バットで迎撃。さらにアンダーソン&ギャローズも有刺鉄線バットの餌食に。

ここでKENTAがリングに戻り、中央でモクスリーを一気に担ぎ上げるとgo 2 sleepを爆発! しかし、アーチャーがショルダータックルでKENTAを吹っ飛ばす。アーチャーはKENTAとケニーをまとめてチョークスラムで叩きつけようとするが、二人は急所蹴りで脱出。

すかさずアンダーソン&ギャローズがアーチャーにマジックキラー。続いてケニーはアーチャーにVトリガーを見舞うと、片翼の天使を狙う。

しかし、アーチャーの巨体が持ち上がらず、アンダーソン&ギャローズがアシスト。最後はケニーが片翼の天使でアーチャーを豪快に叩きつけ、3カウントを奪取した。

試合後もKENTAは場外でモクスリーに馬乗りになってパンチを乱打。USヘビー級王座戦に向け、両者はさらに遺恨を深めた。

IWGP USヘビー級王者のジョン・モクスリーとKENTAのタイトルマッチは、2月27日(土)昼12時~新日本プロレスワールドの『NJPW STRONG』にて配信が決定している。

※このAEWでのタッグマッチは、2月12日(金)18時頃~新日本プロレスワールドで配信予定

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2023年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ