• 2022.8.8
  • #Topics
「もう一度、あのIWGPジュニアのベルトをこの腰に巻きたい。今までと違う立場から、スケール感のあるベルトにできるかなと」いまKUSHIDAは何を考えているのか? 新日本復帰後初インタビュー(後編)!!

6.21後楽園ホール大会で新日本プロレスに電撃復帰をはたしたKUSHIDA。3年半ぶりの新日本マット、王者・石森太二、現在の新日本ジュニア、そして自身の夢にも言及!!

現在の心境に迫る、復帰後初のロングインタビュー(後編)を更新!!

スマホサイト会員の方、全文はコチラ!

★【前編はコチラ】「『LAに住みながら、世界でも日本でも試合をする』新日本の中にそういうレスラーがいてもいいんじゃないか」新日本復帰後、初のロングインタビュー!

※以下、インタビューの序盤を無料公開!
 
■ボクが退団する前の新日本プロレスと一番違うのは、「歓声があるか・ないか」ですね


――KUSHIDA選手は6.21後楽園で、新日本のリングに約3年4カ月ぶりに登場しました。7.3後楽園で復帰戦を行ないましたが、ひさびさの新日本マットをどのように感じましたか?

KUSHIDA 率直に懐かしかったですね。後楽園という会場もとても心地よくて。あと、リングの状態が物理的によくて動きやすいのをすごく感じました。アメリカのリングとは違うので。

――新日本のリングは改めてとても動きやすいと。

KUSHIDA 一つだけネガティブなことをいえば、「まだお客さんが声を出せない」ってことですかね。アメリカはパンデミックになって以降、すごく早い段階で割り切って、お客さんが歓声を送ることを容認したんですけど。とくにフロリダではメチャメチャ早かったんですよ。

――あ、そうなんですね。

KUSHIDA マスク着用の有無に関しても寛容で、そこは「個人の自由だよ」「自己責任だよ」という国なので。だから、ボクが退団する前の新日本プロレスと一番違うのは、「歓声があるか・ないか」ですね。

――KUSHIDA選手が退団した一年後くらいに、コロナ禍に突入して、いまのような状況になりましたね。

KUSHIDA 「若い選手がかわいそうだな」って思いました。歓声がないと何を基準にしていいかわからないので……。それと、新日本プロレス全体でいえばボクがいなかった3年間の中で、『NJPW STRONG』っていう番組が始まって、アメリカに根付いたのは本当にすごいと思います。

――テーピング番組の『NJPW STRONG』はコロナ禍の20年8月にスタートし、丸2年が経ちました。

KUSHIDA 本当にすごいことをやってるので、もっと日本のファンの注目が集まるべきだと思いますし。振り返ると2012年に、新日本の主力選手がROHの北米ツアーに参戦したことがあって。オカダ(・カズチカ)さんや棚橋(弘至)さん、中邑(真輔)さんもいましたね。あの時から今日の新日本の世界進出ってのが本格的に始まったと思ってるんですけど、それがいまや花開いて、こうして定期的に海外で大会を開催できてるっていうのは、本当にすごいことだと思いますね。

――この10年で、それだけ海外に“NJPW”が浸透したというか。

KUSHIDA ボクもつい先日、シャーロット大会に参加できたのは光栄だと思いますし。これを10年、20年、定期的にずーーっと続けて繁栄させていくのも、絶対にやっていかないといけないことだと思います。

■じつは柴田さんとはWWEにいるときも、何度かメールのやり取りをすることがあったんですよ。


――6.21後楽園の登場についても伺いたいんですが、あのサプライズ登場は誰にも話していなかったんですか?

KUSHIDA そうですね。前日にオーランドから日本にやって来て、翌日にはまたオーランドに戻ったんですけど。とくに事前に誰ともやりとりはしてなくて。……ただ、WWEを辞めたときに最初に連絡したのは柴田(勝頼)さんでしたね。

――あ、WWEを辞めた後、最初に柴田選手に連絡を。

KUSHIDA ハイ。で、6.21後楽園ホールの当日の朝に、棚橋さんに連絡しました。

――LA DOJOでヘッドコーチを務める柴田選手と連絡されてたのは、少し意外というか。

KUSHIDA じつは柴田さんとはWWEにいるときも、何度かメールのやり取りをすることがあったんですよ。というのも、あまりにも『NJPW STRONG』に出てた選手が、WWE・NXTにやってくるんですよね。

――ああ、たしかにそうでしたね。

KUSHIDA しかもボクが相手をする機会が多かったので。

――『NJPW STRONG』から来る選手なら柴田選手がよく知っているだろうということですね。

KUSHIDA 逆にNXT辞めた連中が、『NJPW STRONG』に戻ったりもして、そこの選手の往来が非常に多かったんですよ……。

 

※無料公開はここまで! このあとは、IWGPジュニア王者・石森太二について、現在の新日本ジュニア、高橋ヒロム、エル・デスペラードに関して。そして今後の野望、夢にも言及!!

※この続きは、NJPWスマホサイト or NJPWスマホプレミアムでご覧ください。
 

スマホサイト会員の方、全文はコチラ!

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ