• 2016.12.24
  • #Topics
【1.4東京ドーム目前!!】「WWE時代、Codyは常に俺の上にいた。今回は俺が新日本のタフさを教えてやる!」ジュース・ロビンソンに直撃!!【WK11】

001_
いよいよカウントダウン!! 1月4日(水)「戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」に向けて、恒例のカウントダウンインタビューがスタート! 

 
まずは、BULLET CLUB入りを表明した元WWEスーパースター、新日本プロレスに初上陸する“The American Nightmare”Codyに、真正面からケンカを売ったジュース・ロビンソンに直撃インタビュー!!

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※ロイヤルシートは完売。
※アリーナA、アリーナBは残りわずかとなりました。

★全世界が大注目!ジュースvs Codyの“1分煽りV”をYouTubeで公開中!!

■Codyが注目を浴びるのはわかるよ。だからこそ、彼との違いをハッキリと見せるつもりだ

002

――さて、ジュース選手、今回、あなたは東京ドームに来日する“The American Nightmare”Cody選手の相手に名乗り出ましたね。その理由をあらためて教えてください。
 
ジュース じつは俺とCodyには共通点があるんだよ。もちろん俺とCodyでは立場も環境も違ったけど、ともにWWEマットを経験し、そこから挫折があり、最終的にどちらもWWEを離脱した。世代的にも近いから、ヤツに対しては複雑な感情がある。だからこそヤツの相手に名乗り出たんだ。
 
――たしかにキャリアや境遇で似通っている部分はありますね。
 
ジュース イエス。ただし、俺とCodyはそのあと、かなり違う道を歩んだと思うよ。俺は、WWEを辞めたあと心機一転、新日本プロレスのドージョーでイチから出直した。これは並大抵のことじゃないんだ。わかるだろ? そして、ここまで自分の力で這い上がって来た。それに比べて、Codyはどうだ? WWEを辞めたあと一過性の話題に乗ってるだけじゃないか?
 
――たしかに、WWEファンも彼の動向には注目しているでしょうし。
 
ジュース ヤツにとって、WWEを辞めて以降、1.4東京ドームが一番大きな舞台になるだろう。だから、Codyが注目を浴びるのはわかるよ。だからこそ、彼との違いをハッキリ見せるつもりさ。 
 
――そこは自信がありそうですね。

ジュース オフコース。俺には“新日本プロレス”の看板を背負っているという誇りと情熱がある! アイツが軽い気持ちでフラフラ参戦して来るのなら、キツいパンチをかましてやるよ(ニヤリ)。

■Codyの試合は、アメリカンスタイルの王道だよ。ただ、最近の試合には何かしらの“変化”も感じる

――Cody選手とはWWE時代の交流や、何かエピソードはありますか?
 
ジュース いや、俺はWWE時代はNXTに在籍していたし、彼はRAWとSMACKDOWNにいたから、そんなに交流はなかった。ただし、彼のオヤジさん(ダスティ・ローデス)は俺のプロレスの師匠なんだ。
 
――ジュース選手の師匠は、あのダスティ・ローデスさんでしたか!

ジュース イエス。まあ、そういう繋がりもあって、Codyが怪我して戦線離脱した時期に、一週間くらい一緒にトレーニングしたんだ。このトレーニング後に、彼はいい仕上がりで復帰していたよ。まあ、トレーニングパートナーがよかったんだろうな(ニヤリ)。

――なるほど(笑)。

ジュース Codyとはその時以来の縁だね。ただし、今回、新日本プロレスに上がる時のニックネームは“American Nightmare”? いったいなんなんだ、それ? 俺にはよくわからないな(首をすくめて)。

――あのニックネームには疑問もありますか?

ジュース まあ、アイツが何をたくらんでいるかは知らない。ただし、WWE時代のCodyは、俺が知っている限り“グッド・ガイ”だった。アスリートとしても優秀だし、プロレスを心底リスペクトしているレスラーだよ。まあ、WWE当時は、比べ物にならないくらいの差がついていたけどね。

――Cody選手のレスリングスタイルについてはどうでしょう。日本のスタイルに対応できますか?

ジュース じつは、CodyがWWEを離脱した後にどんな試合をしているか? たくさん映像を見たんだ。ヤツの試合を一言で言えば、完璧にアメリカンスタイルの王道だよ。ただ、ここ最近の試合には何かしらの“変化”も感じるんだ。

――ほう。バリバリのアメリカンスタイルのCody選手のスタイルに変化が?

ジュース そうなんだ。具体的には、なかなか言葉で表現しづらいんだけど、少しずつ何かを変えてきている。まあ、彼がジャパニーズ・スタイルにフィットできるか否か? そこは問題ないと思うよ。認めたくはないが、ヤツは一流のプロフェッショナルだし、新日本のスタイルに触れることで、Codyは自分の実力にさらに磨きをかけるんじゃないか。

――では、Cody選手は新日本のリングでも活躍できそうですか?

ジュース 俺が知っているCodyのままなら、新日本でも活躍することは間違いない。それにCodyはWWE時代から、新日本デビューの日を待ち望んでいたと思う。きっとヤル気マンマンで来るんじゃないか。
 
■「BULLET CLUBに入って、東京ドームでデビュー?」「何考えているんだ? アホか!」って感じだった

003
 
――ただ、そのCody選手がBULLET CLUBの新メンバーになったことはどう思います?

ジュース ああ、最初に聞いたときは「BULLET CLUBに入って、いきなり東京ドームでデビューだって?」「何考えているんだ? アホか!」って感じだったよ。アイツの実力は認めてはいるけど、ゼロから這い上がってきた俺からしたら「ふざけるな!」の一言だよ。

――加えてCody選手は以前、自身のツイッターで「柴田勝頼と闘いたい」というアピールをしていたようですが、それについてはどう思いますか?
 
ジュース フフフ。Codyがシバタと闘いたいって? オーケー。まあ、これだけは言っておくよ。この俺は新日本に参戦して以来、これまで毎晩のようにシバタと闘ってきた。シバタのP.Kなんて数えきれないくらい、いままで何十発もくらってるよ! シバタのことをよ~く知っている俺から言わせてもらう。Cody、おまえにはシバタとの試合は荷が重すぎる!(ニヤリ)。
 
――断言しましたね。

ジュース まあ、実際に試合をやったらグレイトマッチになるかもしれない。ただし、この先もCodyとシバタが闘うことはないだろう。その前に、この俺がヤツを叩きのめすからね!
 
■俺の一番の目標? 決まってるじゃないか。『G1 CLIMAX』に出たいんだよ!


005

――東京ドームの話題から離れると、今年はあなたにとって大活躍の一年でしたね。

ジュース イエス! 俺が新日本に来たのは2015年の9月。最初の2~3か月はとにかく日本の生活やリングに慣れるのに必死だったよ。ただし、それからはいくつか目標を立てて、ジックリと評価を上げてきたと思ってる。そして、今年は重要なシングルマッチをいくつかやったし、『WORLD TAG LEAGUE』にもエントリーした。しかもタナハシ(棚橋弘至)のパートナーだぜ? みんな俺の成長に驚いたんじゃないか? ただし、まだまだ大きな目標には達してない。

――その目標は何ですか?

ジュース 決まってるじゃないか。『G1 CLIMAX』に出たいんだ! 新日本プロレスのヘビー級選手なら誰しも『G1』に出場したいと思ってるハズさ。俺の一番の野望は2017年の『G1』に出場すること! まあ、『WORLD TAG LEAGUE』には出場した。そして東京ドームでの試合も決まった。もう俺の勢いを止めることはできないよ。

――たしかに昨年の東京ドームは、第0試合にすら出ていませんでしたから。

ジュース そうなんだ! 昨年の東京ドームでは試合がなくて、カネミツ(金光輝明)やカワト(川人拓来)、ジェイ・ホワイトやデビッド・フィンレーと一緒にリングサイドにいただけだった。その時、ジェイやフィンレーと話したんだよ。「オイ、来年こそは絶対、東京ドームのリングにあがるぞ!」って。

――そのフィンレーもNEVER6人タッグのチャンピオンとして、東京ドームに参戦しますから。

ジュース 素晴らしいことだ。そう思うと本当に感慨深い。ジェイ・ホワイトもいまROHで頑張っているしね。これは応援してくれた日本のファンのおかげだよ。
 
――ファンにも感謝していますか。

ジュース イエス。外国人レスラーの俺を快く受け入れてくれた新日本のファンは心からお礼がしたいんだ。俺が新日本に参戦して、まだ1年半も満たないのに、ファンは常に熱い声援をくれる。新日本のリング、新日本のファンは最高だよ。このリングでは、ガイコクジン、ニホンジン、そんなの関係ないんだ。
 
――よくわかりました。最後に、Cody選手は今回の試合に向けて、どんな準備をしていると思いますか?
 
ジュース さっきも言った通り、俺の知っているCodyは真のプロフェッショナル。プロレスに対してリスペクトがある男だ。おそらく俺との試合に向けて、100パーセント・準備万全だろう。ヤツには「ふざけるな」という気持ちもあるけど、その一方で、Codyは東京ドームでデビューに値するだけのレスラーだとも思う。ただし、試合では絶対にアイツの思い通りにはさせない!(キッパリ)。 

――「おまえの思う通りにはさせねーよ、絶対」と。

ジュース イエス。まあ、俺もCodyと似たような心境でWWEを去った。その二人が新たなストーリーを求めて、新天地で再会するんだ。1月4日は、おたがいのキャリアにとってドラマチックな日になるだろう。ただ、WWE時代は常にCodyの方が上にいたが、今回は違うぜ? ジュース・ロビンソンが新日本マットのタフさをシッカリ教えてやる。東京ドームでは、WWEと新日本の違いを徹底的に思い知らせてやる!

006

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※ロイヤルシートは完売。
※アリーナA、アリーナBは残りわずかとなりました。

★全世界が大注目!ジュースvs Codyの“1分煽りV”をYouTubeで公開中!!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ