WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27

日時
2020年12月5日(土)   17:00開場 18:30開始
会場
鹿児島・サンアリーナせんだい
放送
バナー
観衆
1,803人

MATCH REPORT

 第4試合は1.4東京ドームの二冠王座戦で激突する挑戦者の飯伏幸太と王者の内藤哲也が、それぞれ小島聡&本間朋晃、鷹木信悟&SANADAとトリオを結成して対峙。地元鹿児島出身の飯伏は気合充分、ドームの大一番を前に内藤をアセらせることはできるか?
 鷹木はNEVERのシングルベルト、白いスーツガウン姿の内藤はIWGPヘビー&IWGPインターコンチのベルトを携えて入場。
 内藤がリングにベルトを滑らせるように投げ入れると、飯伏はベルトをジッと見つめてから、内藤に視線を送る。ゴング前、L・I・Jはグータッチをかわす。

 先発で飯伏と内藤が向かい合うと、場内は大きな手拍子が発生する。飯伏はロックアップで組み合おうとするも、内藤は間を外してニヤリ。
 ようやくロックアップで組み合うと、内藤はヘッドロック。飯伏はロープに押し込むが、内藤は体勢を入れ替え、クリーンブレイクと見せかけてキック。
 そして、ロープワークから技の読み合い。内藤がアームホイップを決めると、飯伏はレッグシザースで切り返し、一旦距離を取る。
 ここで内藤は鷹木にスイッチ。すると小島が飛び出す。まずはショルダータックルの応酬となり、五分に終わると続けて胸板への打撃合戦。そして、小島はショルダータックルで鷹木からダウンを奪う。
 続いて小島&本間が鷹木にダブルのショルダータックル。そして、本間が小こけしをヒット。さらに本間は内藤にも小こけしをお見舞いする。
 勢いに乗る本間は鷹木にセカンドロープからこけしロケット。しかし、これはかわされ、すかさずSANADAが低空ドロップキックをヒット。
 鷹木が本間の左腕を捕獲すると、SANADAがトップコーナーからダブルアックスハンドル。さらにSANADAは本間の左腕をねじり上げ、鷹木が手刀を下ろす。
 続いて鷹木&SANADAは本間にエルボードロップの連発から、鷹木がセントーンをお見舞い。さらに鷹木は豪快なブレーンバスターで本間を叩きつける。
 スイッチした内藤は本間の顔面を蹴り上げる。本間もエルボーを打ち込んで行くが、背後からSANADAがカットに入る。そして、内藤&SANADAがトレイン攻撃を狙うも、本間は切り抜ける。鷹木が入るも、本間は内藤&鷹木に同時にDDT&コンプリートショット。
 スイッチした飯伏は内藤にレッグラリアット。さらに打撃のコンビネーションからその場飛びムーンサルトプレスを炸裂。
 続く飯伏のジャーマンを切り抜けた内藤は、変形ネックブリーカーから後頭部に低空ドロップキック。そして、飯伏の頭部を挑発するように蹴りつける。
 続いて内藤は飯伏にコーナーミサイルをヒットし、右腕を天に突き上げる。さらに内藤はネックブリーカードロップをお見舞い。
 内藤は飯伏にコーナーを背負わせてエルボーを連発。そして雪崩式フランケンシュタイナーを狙うも、飯伏はエルボーで内藤をリングに落とす。そして、内藤の串刺し攻撃をかわし、フランケンシュタイナーを炸裂。
 次は小島とSANADAのマッチアップ。SANADAの串刺し攻撃をかわした小島はマシンガンチョップ。そして串刺しエルボーから「いっちゃうぞバカヤロー!」の雄叫びを上げ、ダイビングエルボーを投下。だが、カバーはカウント2。
 ならばと小島はローリングエルボー。SANADAがかわすと、小島はラリアットへ。これをかわしたSANADAは低空ドロップキックで場外に落とし、プランチャを炸裂。
 SANADAは小島をリングに戻すと、スワンダイブで飛びかかる。だが、小島はかわしてDDT。ここから飯伏組はSANADAに波状攻撃、最後に小島がコジコジカッターからカバーへ。これは内藤がカット。
 リング上、小島のラリアットをSANADAはドロップキックで迎撃。それでも小島がラリアットを仕掛けると、SANADAはかわしてドラゴンスリーパーへ。だが、切り抜けた小島はブレーンバスターを炸裂。
 小島は雄叫びを上げてラリアット。だが、SANADAは回避し、ドラゴンスリーパー。そして、小島を突き飛ばすと、内藤がマンハッタンドロップから延髄斬り。続いてSANADAがドロップキック、鷹木がパンピングボンバーを食らわせる。
 そしてSANADAがバックドロップから小島をカバーするも、これは飯伏がカット。すると、SANADAは小島にシュミット式バックブリーカーを決め、最後はラウンディング・ボディプレスで3カウントを奪取した。

 試合後、場外で内藤と飯伏がにらみ合いを展開。内藤が「誰を見てんだ?」と挑発すると、セコンドが割って入る。内藤は本間を鉄柵に叩きつける。
 そして、L・I・Jは勝ち名乗りを受ける。内藤は浅見レフェリーを蹴り付け、場外に落とす。続いてL・I・Jは最後にグータッチをかわしてリングをあとに。

COMMENT

鷹木「今日は内藤と飯伏の闘いを見入ってしまったよ。石森も同じ会場にいたみたいだし、同級生が元気なのが俺のモチベーションのひとつ。明日はもう1人の同級生レスラー、ジェフ・コブと対戦だ。オーカーンは初絡みだから、楽しみは楽しみだが、やっぱりジェフに目がいくね。去年、今年と『G1(CLIMAX)』で負けてるし、年内にひとつ返したいところだ。いや、必ず返してタッグリーグの決勝にも望みをかけてやるぜ」
 

 
内藤「(※2本のベルトをフロアに並べ、片ヒザを着いて)このふたつのベルトを持って、やっと九州のお客様にその姿をお見せすることができたかな。ここ鹿児島は飯伏の地元なわけで、地元凱旋ってやっぱ気持ちいいんだろうね。東京出身である俺。まあ、後楽園ホールであったり、両国国技館であったり、東京ドームであったり……まあ東京は東京なんだけど、なんかやっぱり地元凱旋っていう雰囲気はなくて。ウーン、それこそ東京都足立区、俺の出身地である東京都足立区の東京武道館でやったら、今日の飯伏みたいな気持ちを味わうことができるのかな? なんか、すごいうらやましいよ。しかもこうして、『G1 CLIMAX』2連覇して地元に帰ってきた、この気分はどうだ? ものすごく気持ちよかったことだろうよ。でもさ飯伏、さらにこの2本のベルトを持って、ここ鹿児島に帰ってきたら、今まで味わったことのないぐらいの快感を得られることでしょう。きっとそう思うよ。だから、1月4日、内藤哲也との試合に、しっかり集中した方がいいぜ。思ってたより、飯伏はだいぶこっちを見ているようだけどさ、でも、やっぱ100%俺の方を向いてるかっていったら、そうじゃないのかなっていう気はしたよね。どうしても1月5日のこと、ちょっと頭の片隅にあるはずだからね。それも大事だと思うよ。でも、1月4日を乗り越えないと、1月5日はないからね。だからこそ、今現在の100%の飯伏幸太を、1月4日、東京ドームで俺にぶつけてこいよ。じゃなきゃ、いまの俺には勝てないぜ。まあ、心配する必要はないかな。今日の目を見たらね。近いうち、完全に俺の方を向くんじゃないの。それにしても、飯伏とのプロレスはやっぱ楽しいよ。ワクワクしちまうよ。さあ、東京ドームまでの残りの前哨戦、お互い楽しんで、そして最高の状態で、1月4日、東京ドームを迎えようぜ、カブロン」
 
※SANADAはノーコメント
 
  

 
小島「(※コメントスペースにたどり着くなりヒザから崩れ落ち、大の字になる。そのままの状態で)はあ……これがいま、新日本プロレスのトップを走る集団のプロレスだろう。これが、新日本だけじゃなくて、たぶん全プロレス界のトップを走ってる集団のプロレスだと思う。ずっとここ、このシリーズ、最初から最後までやってきたものが、やっぱり通じなかった。ホントに強いよ。クソッ……。すべてにおいて、完敗だ。本当に……。だけど、俺は、今日までこのシリーズ13日間、ずっとやってきたぞ」
 

 
「いまちょっとボロボロだけど、(※立ち上がりながら)明日、立ち上がって、元気よく、元気よくご飯食べて、元気よくトレーニングして、また来るべき日に、プロレスラーとして、帰ってくるぞ!」

本間「久々に試合をやったヤツに負けて、すんごい悔しいですけど、今日の試合でひとつ、わかったことがありました。俺、予言者になれるかもしれないです。1.4(東京ドーム)、必ず、100%、飯伏が勝つ。今日の試合を見て、俺は感じました。間違いないです。あと、まったく関係のない話ですけど、鷹木が試合前、なんか『気合だ、気合だ』みたいなこと口ずさんでたけど、あいつ、アニマル浜口ジム(出身)だったな? 内藤もそうだ。小島もそうだ。俺もそうだ。6人中、4人、アニマル浜口トレーニングジム出身。いかにアニマル浜口会長スゲェか。でもよ、このまま負けたままで終わるモンじゃないんだからよ。次だ次。次は絶対勝つから」
 

 
飯伏「コンディションは、バッチリですよ、僕は。でも、まあタッグだとしても、負けは負け。まあ、僕は見てる場所が違うんで。もう、1.4がどう、1.5がどう、全部1回切って、全部。今日で切り替わった。1.4、内藤哲也、待っとけよっていう。まだまだ始まり。まだこれから。まだまだ(日は)あるんで。まあ、そこに……。まずはね、1.4ですよ。シフトチェンジしました。やってやりますよ。まだまだ。久しぶりだったし、内藤哲也とも(シングルマッチは)1年ぶり以上ですよ。久しぶりの遭遇だし。いやあ、懐かしいですよね、感覚では。正直、負けたけど、楽しかったし。地元・鹿児島で負けたけど、楽しかったよ……」
――火がついたという感じですか?
飯伏「そうですね。1回、自分の中で区切りが、やっぱりできたんで。ジェイ・ホワイトというのは、いま、僕の中にはない。内藤哲也だけですよ。そこクリアしないと、どうせ次もないから。まあでも、どっかであの負けを引きずってた部分があるんで。そういうの全部なしにして、内藤だけを。待っとけよって。それだけですよ」
――桜島を見ると気持ちは変わるもんですか?
飯伏「変わりますね。変わりましたね、実際。変わりましたし、みんなもなんか、前に来た時と違うファンになってきた、そう思いますね。これ、すごくいいことだと思うんで。新しいプロレスにするって言ったんで。自分主導で、2冠を獲って、ホントに、新しいプロレスをまた構築していきたいと思います。絶対に、新しいものが出来上がるんで。そのプランは頭の中にあるんで。絶対こっから始まり。こっから始まります」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ