Road to DOMINION

日時
2021年6月2日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
447人

第5試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <第21代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

※チャンピオンチームが5度目の防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メインイベント(第5試合)はNEVER無差別6人タッグ王者の後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIが内藤哲也&SANADA&BUSHI組を迎撃。
 内藤は5.26後楽園でSANADA、BUSHIの意思を確認し、NEVER6人タッグ奪取をアピール。そして、YOSHI-HASHIを呼び寄せると、不意打ちを食らわせた。怒り心頭のYOSHI-HASHIは「オマエら、安心しろ。やってやるよ、コノヤロー!」と迎撃を宣言した。
 前日の6.1後楽園の前哨戦では、後藤がSANADAから後藤参式フォール勝ち。その勢いを駆って、王者組が最多防衛V5を成し遂げるか? L・I・Jがその記録更新を食い止め、新王者となるか?

 内藤は白いスーツガウンで登場。CHAOSは6人タッグのベルトを巻いて花道を進む。リングに上がると、石井は内藤をにらみつける。

 石井は先発を買って出ると、内藤を挑発。しかし、内藤が応じないと、後藤が登場し、SANADAと対峙。後藤はSANADAをロックアップでロープに押し込むが、SANADAは体勢を入れ替える。そしてクリーンブレイク。
 続いてリストの取り合いから、SANADAはフライングメイヤー。しかし、後藤はレッグシザースで返し、互いに一旦距離を取る。
 SANADAが内藤にスイッチすると、石井が登場。すると、内藤はBUSHIに交代する。石井が憮然とした表情を見せると、内藤は再びスイッチ。だが、じらすように結局はBUSHIと交代。
 石井はスキをついて相手コーナーの内藤に襲いかかるも、内藤は下がって距離を取る。そして、内藤は背後から石井を襲撃。だが、石井は内藤に逆水平チョップを連発。
 ここでSANADAとBUSHIが止めに入り、石井に連携攻撃を狙うが、石井はうまく切り抜ける。今度はCHAOSがBUSHIに連携攻撃。トリプルキックから太鼓の乱れ打ちを見舞う。
 石井はBUSHIに強烈な逆水平チョップを食らわせてから、YOSHI-HASHIにスイッチ。YOSHI-HASHIはBUSHIのTシャツを脱がし、逆水平チョップを連発。
 次は後藤がBUSHIにバックエルボーからカバー。そしてチンロックで固め、エルボースタンプを額に落とす。
 スイッチしたYOSHI-HASHIはBUSHIに串刺しの逆水平チョップ。さらにブレーンバスターで叩きつけてカバーするが、BUSHIはカウント2でキックアウト。
 劣勢のBUSHIだったが、YOSHI-HASHIがロープに飛んだところで内藤が妨害し、トップロープにYOSHI-HASHIの喉を打ち付ける。そしてBUSHIがドロップキックをYOSHI-HASHIに突き刺す。
 場外では内藤と石井が激しくやり合う。内藤は石井を鉄柵に叩きつけ、さらに鉄柵を用いてネックロックを見舞う。
 リング上、BUSHIがYOSHI-HASHIのリストをつかむと、内藤がYOSHI-HASHIの負傷箇所である右肩にダブルアックスハンドル。続いてSANADAもダブルアックスハンドルを落とす。L・I・JはYOSHI-HASHIの右肩を狙い撃ち。
 SANADAはYOSHI-HASHIの右腕をねじ上げ、右肩にエルボー。続いてバックエルボーからカバーするが、YOSHI-HASHIはカウント2でキックアウト。
 スイッチしたBUSHIはYOSHI-HASHIの右肩にストンピングを見舞い、脇固めで捕獲。石井がカットに入ると、内藤とSANADAは連携の低空ドロップキック。さらに後藤を排除する。
 次は内藤がYOSHI-HASHIにスタンディングのアームバー。さらにフェイントからのコーナーミサイルを右肩に見舞う。そして執拗にカバーし、YOSHI-HASHIのスタミナを削る。
 YOSHI-HASHIは必死にエルボーで応戦するが、内藤は右肩
にエルボー。さらにトルネードDDTを繰り出すも、YOSHI-HASHIはこらえる。そして技の読み合いからヘッドハンターを炸裂。
 スイッチした石井は内藤にエルボー連発。BUSHI、SANADAがカットに入るも、石井は一蹴。しかし、内藤が石井を捕らえる。そして、SANADAがフロントキックを放つが、石井はかわして同士討ちを誘う。さらに石井はSANADAにショルダータックル、内藤にバックドロップを敢行。
 石井は内藤に馬乗りになり、顔面に張り手を見舞い挑発。そしてブレーンバスターの体勢に入るも、内藤は回避し、エルボーを連発。だが、石井は仁王立ち。ここから両者は激しいエルボーの応酬に。
 競り勝った石井は内藤に串刺し攻撃を狙う。だが、内藤は切り抜け、バックエルボーから石井の後頭部に低空ドロップキック。
 スイッチしたSANADAはセカンドロープに上るも、石井が肩車で捕獲。SANADAは脱出し、バックの取り合いから石井がジャーマン。しかし、SANADAは着地して低空ドロップキック。かわした石井はブレーンバスターを狙う。SANADAは切り抜けるが、石井は今度こそジャーマンをお見舞い。
 続いて後藤がSANADAに追走式ラリアット。BUSHIが入るも、後藤はSANADAをショルダータックルで吹っ飛ばすと、BUSHIをその上にヒップトス。
 勢いに乗る後藤はSANADAに村正からブルドッギングヘッドロック。そして肩に担ぎ上げるが、SANADAは回避。そしてスワンダイブで飛びかかるが、かわした後藤は突進。これを切り抜けたSANADAは、アトミックドロップをお見舞い。そしてパラダイスロックで固め、場内を煽ると荒武者の臀部に低空ドロップキック。
 SANADAはTKOを狙うが、後藤は切り抜ける。そしてスリーパーでSANADAを絞め上げ、そこから後藤弐式へ。だが、SANADAはカウント2でキックアウト。
 続いて後藤&YOSHI-HASHIが激烈一閃を狙うも、SANADAは回避。だが、後藤&YOSHI-HASHIは隠し狭間から後藤ごとハント。そして、後藤は昨夜SANADAからフォールを奪った後藤参式
で押さえるも、内藤がカットに入る。するとYOSHI-HASHIが内藤を場外に連れ出す。
 後藤は牛殺しを狙うも、SANADAはスタンディングのドラゴンスリーパー。後藤が切り抜けると、SANADAは背中に引っかき攻撃。そしてオコーナーブリッジの体勢に入るが、こらえた後藤は逆にSANADAの背中に引っかき攻撃。しかし、SANADAは後藤にTKOで反撃。
 次はYOSHI-HASHIとBUSHIのマッチアップ。激しいエルボー合戦に打ち勝ったBUSHIは、ロープを用いたオーバーヘッドキックからミサイルキック。石井がリングに入ると、BUSHIはドロップキックで排除。そして、場外のYOSHI-HASHIに対し、矢のようなトペ・スイシーダを炸裂。
 BUSHIはYOSHI-HASHIをリングに戻し、右肩にストンピングを連発。さらにDDTで突き刺してカバーするが、YOSHI-HASHIはカウント2で跳ね返す。
 ならばとBUSHIは串刺し攻撃を狙うも、かわしたYOSHI-HASHIはスピンキック。ここでCHAOSは分断作戦を敢行し、孤立したBUSHIにCHAOSは串刺し攻撃。
 そして、後藤&YOSHI-HASHIが後藤ごとハントを狙うも、内藤が阻止。続いて内藤&BUSHIが石井に対し、連携の低空ドロップキック。
 ここからL・I・JはYOSHI-HASHIにトレイン攻撃。そして内藤のジャンピングキックからBUSHIがフィッシャーマンズスクリューを食らわす。
 続いてBUSHIはMXを狙うが、YOSHI-HASHIがかわす。そして後藤がBUSHIに襲いかかり、ここから両軍入り乱れる混戦模様に。
 後藤はSANADAをヘッドバットで排除すると、BUSHIに対してYOSHI-HASHIと共に激烈一閃。さらにYOSHI-HASHIがダブルニーを叩き込んでカバーするも、BUSHIはカウント2でキックアウト。
 するとYOSHI-HASHIはBUSHIをバタフライロックで捕獲。逃げようとするBUSHIをリング中央に運ぶと、技を自ら解除し、一気にシットダウン式パワーボム。だが、BUSHIはカウント2で跳ね返す。
 続いてYOSHI-HASHIはKUMAGOROSHIを狙うが、BUSHIは切り抜けて延髄斬り。さらに内藤が低空ドロップキックをYOSHI-HASHI、さらに石井に炸裂。
 内藤と石井は激しい打撃戦。そこから石井はブレーンバスターで持ち上げるも、内藤はカウンターのDDTで突き刺す。だが、石井はすぐに立ち上がる。しかし、内藤はジャンピングエルボー。
 続いて内藤がYOSHI-HASHIに延髄斬りを見舞うと、BUSHIがコードブレイカー。そしてMXを繰り出してカバーするが、後藤が間一髪でカット。するとSANADAが後藤を場外に落とし、プランチャを炸裂。
 BUSHIは気合いの雄叫びから、トップロープへ。そしてMXを繰り出すが、YOSHI-HASHIは下からのラリアットで迎撃。
 BUSHIはSANADAにスイッチしようとするも、後藤が阻止。そして、後藤はBUSHIをスリーパーで捕らえ、石井と合体技を狙うが、BUSHIは回避。すかさず内藤とSANADAが石井に襲いかかるも、石井は切り抜け、SANADAを後藤に突き飛ばす。
 ここで後藤がSANADA、石井が内藤を担ぎ上げる。L・I・Jは脱出して後藤と石井を鉢合わせにすると、それぞれのヒザに低空ドロップキック。
 そして、内藤とSANADAはYOSHI-HASHIに連発でキックを見舞い、最後はBUSHIがブシロール。しかし、YOSHI-HASHIはカウント3寸前でキックアウト。
 BUSHIはスピンキックを決めるが、YOSHI-HASHIはトラースキック。仁王立ちのBUSHIはロープへ。だが、YOSHI-HASHIはカウンターのカチ上げ式ラリアット。カバーをBUSHIが返すと、YOSHI-HASHIはカルマの体勢に。
 BUSHIは切り抜け、コードブレイカーを狙うが、YOSHI-HASHIはこらえ、バタフライロックで捕獲。内藤がカットに入ろうとするも、石井がヒザ十字固めで捕らえる。後藤もSANADAをスリーパーで食い止める。
 YOSHI-HASHIがさらにバタフライロックで締め上げると、ついにBUSHIはギブアップ。CHAOSが熱戦を制し、連続防衛の新記録V5を打ち立てた。

COMMENT


 
石井「見たろ? これでCHAOS、鈴木軍、BULLET CLUB、ロス・インゴ、次はどこだ? 本隊の腰抜けどもか? どこでもいい、誰でもいいよ。そう簡単に俺ら潰せねぇよ。なぁ?」
 

 
YOSHI-HASHI「この記録更新、よほどのことがないと絶対にできないと思うから。このまま、リング上でも言ったように、永遠に俺らが防衛しまくってやるよ。そして、そして、他のベルト、俺も、後藤さんも石井さんも、他も狙ってるから。これだけじゃないから。それだけは忘れるなよ。とりあえず、今日勝ったこと、それだけは大きな収穫だから。次も勝つ」
 

 
後藤「ありがとう! ヨシヨシヨシヨシ!(※と言いながら控室へ)」
 

内藤「悔しいよ。悔しいよ。ちゃんと、BUSHIがギブアップして負けるとこ、この目で(※と、指を目のあたりに)見たしね。『あんなの俺ら負けじゃねぇよ』なんていうことは、言わないよ。久々にタッグマッチのタイトルマッチ、まぁ今日は6人タッグだったけど、久々にシングルマッチ“ではない”タイトルマッチをやってみて、何か、楽しかったな。タッグマッチであり6人タッグマッチであり8人タッグマッチ、10人タッグマッチ、こういうタッグマッチは、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、得意にしてたんで、その6人タッグマッチで負けたことは、すげぇ悔しいなぁ。

まぁ今日の、YOSHI-HASHI、石井、後藤、この先も防衛し続けるでしょう。その先にはまた、俺たちが立ち塞がりたいなと。これ1回で終わらすのはもったいないんでね、またタイミングを見て、挑戦したいなと思いますよ。それから、今シリーズ、先シリーズもか、今日のタイトルマッチも含めて、いい刺激をもらったよ。プロレスの可能性、プロレスの楽しみ方を、また改めて感じることができたなぁと。つまり、シングルマッチだけがプロレスの楽しみじゃないなぁと。タッグマッチも楽しみの一つだなぁって、改めて痛感させられたよ。そういう意味では、SANADAとのタッグも、アリなのかな? 今シリーズ、よく組んでたしね。最近、よく組む機会が多いし。俺の目指してるもの、来年の東京ドーム大会のメインイベントというものに、変わりはないよ。

でも、そこまでの道のりとして、タッグ、SANADAとのタッグっていうのもアリなのかな。もちろん6人タッグでのリベンジも狙ってるよ。でも、SANADAとのタッグっていうのは、ちょっと、本気で考えた方がいいのかなって、そうしたらもっとプロレスを楽しめるのかなって、思いましたよ。いやぁそれにしても、放送席で呑気に試合を見てる鷹木信悟の表情が、頭に来たぜ。カブロン!」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ