カードファイト!! ヴァンガード overDress Presents WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome

日時
2021年9月5日(日)   13:00開場 15:00開始
会場
埼玉・メットライフドーム
放送
バナーバナー
観衆
2,780人

第4試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <第90代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※ ロビーが初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 

 第4試合はIWGPジュニアヘビー級王者のロビー・イーグルスが、高橋ヒロムを相手に初防衛戦。イーグルスは7.25東京ドームでエル・デスペラードをロン・ミラー・スペシャルで下し、悲願の同王座初戴冠を成し遂げた。その試合後、イーグルスはこの試合Wを見届けたヒロムと視殺戦を展開。ヒロムはこの王座戦の勝者に挑戦することをアピールしていただけに、両者は対抗心を燃やした。
 そしてヒロムはイーグルス戦の前に、8.27後楽園でDOUKIを相手に復帰戦を敢行。勝利で復調ぶりをアピールした直後、イーグルスがリングに登場すると、ヒロムは“ベルトさん”との会話を要求。早くもヒロムワールドを全開にし、千両役者ぶりを示した。しかし、ヒロムはこれまで二度にわたり負傷欠場で王座を返上しているため、ベルトさんは「ヒロムくんのこと嫌い!」バッサリ。ヒロムとしてはベルトさんが納得するような結果と内容で、ジュニアの中心に舞い戻りたいところだが、強敵イーグルスとの勝負の結末は……? 

 イーグルスはIWGPジュニアヘビーのベルトを携え、オーストラリアカラーを基調としたコスチューム姿で入場。

 開始のゴングと同時に両者は突進。そして胸板への張り手の応酬からロープワークの攻防となり、ショルダータックルを互いに見舞う。続いて軽快なカバーの奪い合いから、一旦距離を取る。
 次は額を付き合わせてから、ヒロムがイーグルスのキックをかわして逆水平チョップ。しかし、イーグルスはロープを巧みに利用してアームホイップ。さらにティヘラを決める。
 続いてキックの読みあいから、イーグルスがターボ・バックパック、アサイDDTを仕掛けようとするも、ヒロムは回避。ヒロムも両肩にイーグルスを担ぐも、イーグルスは切り抜ける。さらに目まぐるしい技の読み合いを繰り広げ、イーグルスはヒロムのヒザにニードロップ。
 そしてイーグルスはヒロムを場外に追いやると、ロープのあいだをくぐり抜けてトペ・コンヒーロを炸裂。
 続いてイーグルスは場外で逆水平チョップを連発。ヒロムも逆水平チョップを返すが、イーグルスはキックで黙らせる。
 イーグルスはヒロムをリングに投げ入れ、ストンピングをたたき込む。続いてイーグルスはヒロムの左腕を固めた状態で、相手のヒザを持ち上げてマットに打ちつける。
 ここから打撃戦へ。ヒロムは胸板への張り手を繰り出すが、イーグルスはローキックで対抗。イーグルスが競り勝つも、ヒロムはティヘラをお見舞い。
 だが、イーグルスが先に立ち上がって串刺し攻撃を狙う。しかし、ヒロムは切り抜けて串刺しラリアット。さらに低空ドロップキックでイーグルスを場外に落とすと、エプロンをダッシュしてミサイルキックをヒット。
 ヒロムはイーグルスをリングに投げ入れ、ファルコンアローで叩きつける。そして、自身のヒザを叩いて気合いを入れると、イーグルスを両肩に担ぎ上げる。だが、イーグルスは切り抜けて串刺しダブルニーを連発。
 ヒロムは二発目をかわしてトラースキック。その蹴り足を捕えたイーグルスはターボ・バックパックを狙うも、ヒロムは脱出。そしてショットガンドロップキックをヒット。
 イーグルスは突進するも、ヒロムはフロントスープレックスでコーナーに打ちつける。続いてヒロムは肩に担ぎ上げるが、これもイーグルスは脱出。しかし、ヒロムは強烈なエルボー。
 だが、イーグルスもロープ際のヒロムに対し、足への619からスワンダイブ式の低空ドロップキック。そしてロン・ミラー・スペシャルを決める。ヒロムはなんとかロープエスケープ。
 するとイーグルスはここでアサイDDTを炸裂。そしてイーグルスは気合いの雄叫びから、ターボ・バックパックの体勢に。ヒロムはこれを切り抜けてジャーマン。だが、イーグルスは着地し、キックのコンビネーション。そしてスライス・ブレッド#2を狙うが、ヒロムは回避し、ターンバックル・デスバレーボムを食らわせる。だが、ヒロムもヒザを押さえて苦悶の表情。さらにその口からは出血が見られる。
 続いてヒロムはイーグルスを担ぐと、エプロンに追いやる。そしてトップロープ越えのサンセットフリップ・パワーボムをお見舞い。
 ヒロムは先にリングに戻り、イーグルスはカウント19でリングにギリギリ生還。するとヒロムはショットガンドロップキックからジャーマン、そしてラリアットとたたみかける。
 ヒロムはイーグルスを引きずり起こし、TIME BOMBを狙う。イーグルスは回避するが、ヒロムはトラースキックをヒット。そしてビクトリー・ロイヤルで叩きつけてカバー。しかし、イーグルスはカウント2でキックアウト。
 ヒロムが近づくと、イーグルスは丸め込みを連発。切り抜けたヒロムはTIME BOMB IIを狙うも、イーグルスは回避。ならばとビクトリー・ロイヤルの体勢に入り、そこからヒロムは一気にTIME BOMBを決める。だが、カバーはイーグルスが必死にカウント2でキックアウト。
 ヒロムは雄叫びを上げ、ラリアットを炸裂。そして自身のヒザを叩いてから、TIME BOMB IIを狙う。イーグルスがこらえると、ヒロムは急角度のリバースDDT。
 続いてヒロムはTIME BOMB IIの体勢に入るが、イーグルスは回避。そしてトップコーナーに座るが、ヒロムが雪崩式カサドーラの体勢に。しかし、イーグルスは脱出。
 イーグルスはコーナー上のヒロムの頭部にキック。さらにヒザにショットガンドロップキック。そして一気に雪崩式のターボ・バックパックを炸裂。だが、カバーはヒロムがカウント3寸前でキックアウト。
 ならばとイーグルスはヒロムの顔面にトラースキック。そしてコーナーを上ろうとするが、ヒロムが這いつくばって、その足をつかむ。しかし、イーグルスはそれを蹴りで突き放すと、ヒザに450°スプラッシュ。すかさずロン・ミラー・スペシャルを決めると、ヒロムは悲鳴を上げながらロープに逃げようとする。
 イーグルスはヒロムをリング中央に引き戻し、ヒザに蹴りを見舞ってからもう一度ロン・ミラー・スペシャル。そのまま締め上げ続けると、ヒロムは「クソー!」と叫んでからついにタップアウト。イーグルスが激闘を制し、初防衛に成功した。

COMMENT


 
イーグルス「感情が込み上げてくる…ネットでファンの予想を見る限りでは大多数がヒロムが勝つって言ってた。デビューしてからずっとそうだった。いつも『ロビー・イーグルスはいい選手だけど何かが足りない』って。でも今日の結果を見てもまだ同じことが言えるか? これでもまだ俺をチャンピオンとして認めないファンがいるか? もしそうなら彼らは単純に俺が嫌いなんだろう。それなら仕方ない。俺にはどうにもできない。彼らが俺を応援しようがブーイングを送ろうが、純粋にプロレスを楽しんでくれさえすれば、俺は幸せだ。そして今日俺は宣言通りチャンピオンとしてベルトを防衛した。背中も首もボロボロだ。明日からしばらく休みで助かった」
 

 
イーグルス「じゃあ乾杯の時間だ。(※ZIMAを開ける)もう靴に注いだりしないから、大丈夫だ。それに新たなベルト(タッグ)の可能性まで見えてきた。ヒロム…まず初めに…(※ZIMAを一口呑んで)キツかった。オマエはジュニアの力を見せたいっていつも言ってるが、オマエの力の強さはヘビー級並みだよ。オマエほどの力で俺にかかってくるやつは今までいなかった。それにオマエのそのクレージーさは他の誰にも真似できない。オマエは毎試合リングで文字通り全てを捧げ勝負に挑んでる。そこがオマエのいいところで俺は好きだ。でも今日俺はオマエに勝って、このベルトに恥じないチャンピオンだと証明した。だから、ヒロムさん、サンキュー。もう大きなケガをしないよう十分に気をつけてくれ。だって俺はこれから何度でもお前と闘っていきたいと思ってるから」
 

 
イーグルス「俺にベルトを獲られた男がリングに上がってきたな。アイツの手、骨折しててもおかしくない。俺だってアイツがベルトを獲った瞬間に挑戦宣言をしてるから、これでおあいこだな。まぁ俺の方はビデオメッセージだけで実際には登場してなかったが。でもオマエがIWGPジュニアタッグのベルトを懸けるって言ったからには受けないわけにはいかない。なんだか俺とオマエは不思議とギブアンドテイクの関係で成り立ってるのかもな。だから、礼を言うよ。リングでも言ったがもう一度言う。お前の挑戦を受ける。パートナーはもちろんタイガーマスクだ。『SUPER Jr. TAG LEAGUE』でもかなりいいところまで結果を残せたしな。しかも次はリーグじゃない、1回勝てばベルトを獲れる。デスペラード&カネマル組にはリーグで一勝してるし、次も絶対に勝てる。(次の防衛戦で)そしてシングルとタッグのジュニア2冠王としてこれまで一度も見せたことのないロビー・イーグルスの闘いを築いていく。俺とパートナーは20歳近く年が離れてるけど、彼は他でもないレジェンドだ! フライング・タイガーズが次期IWGPジュニアタッグチャンピオンだ! シングル、タッグ、どっちが先でも構わない。そこはデスペラードが決めればいい。でもタイトルマッチまでに万全のコンディションに戻してくれよ。(前回の)トーキョードームを超える闘いをぶつけてきてくれ。その上で俺はこのZIMAのボトルのようにお前をクシャッと潰す。(※ZIMAを飲み干す)お前はこのスナイパーに降伏するんだ。アリガトウゴザイマシタ。一本もらってくよ(※と、置いてあったZIMAの残りを一本持って控室へ)」
 
 

 
ヒロム「(※ヨロヨロとインタビュースペースに着くと、机の前に倒れ込んで)ジュニアと、ヘビーの違い、見せれたか? 見せれてねぇだろ! アーッ! クソーッ! クソー、クソー、クソー、クソーッ! ダメだーっ! 俺はダメだーっ! クソだ! 俺なんてダメだ! 俺なんて結局何もできねぇんだよクソーッ! アーッ! 何やってもダメだ! 何やっても説得力のない俺! アーーーーーッ! アー! アー! アー!(※叫びながら顔を上げ、体を起こす) 」
 

 
ヒロム「これが! 俺の! 立ち直り方だよ! 俺はクソだ! 俺はクソなんだよ! 負けて、結局何も変えられなかった! ジュニアとヘビー、違い、何を見せれた? (※机の前に座り込んで)分からない! 俺にも正解は分からないし、何したらいいかも分からない! でも! 今日は勝たなきゃいけなかった。でも負けた! (※立ち上がりながら)こうやって吐いて、俺は、次に向かうんだよ。いつも通りだ」
 

 
ヒロム「こっから、這い上がってやんだよ。俺は凄いぞ。俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は、夢を叶えるんだよ。ジュニアで、すげぇもん見せてやる。ジュニアとヘビー、その違い、分からせてやる。俺は凄いんだ。俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い! 俺は凄い……(※と、繰り返しながら控室へ)」
 
 

 
デスペラード「というわけで、次のチャレンジャーはワタクシでございます(※と、チャンピオンのために用意されていたZIMAを3本、勝手に取って控室へ)」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ