NEW YEAR DASH!!

日時
2023年1月5日(木)   17:00開場 18:30開始
会場
東京・大田区総合体育館
放送
バナーABEMA TV
観衆
2,713人

MATCH REPORT

 第4試合は海野翔太のテーマ曲が流れる中、真壁刀義&田口隆祐&YOHが入場。そして海野は観客席を練り歩きながらリングインした。対戦チームはL・I・Jの内藤哲也&SANADA&高橋ヒロム&BUSHI組。ヒロムは1.4東京ドームで奪取したIWGPジュニアヘビーのベルトを携え花道を進む。
 内藤のテーマ曲が鳴り響く中、田口は往年の小室哲哉や浅倉大介のようにショルダーキーボードを奏でる。内藤がなかなかリングに入らないのを見て、海野はロープを開けて誘う。すると、内藤はべつのロープからゆっくりとリングイン。

 内藤はリングに入ると同時に海野に奇襲攻撃。リング上ではBUSHIが田口に電気アンマ。硬直する田口に対し、BUSHIはハンマースルー。田口はヒップアタックを繰り出すが、BUSHIはアトミックドロップで迎撃。
 だが、田口は意地のアトミックドロップをヒット。そして田口はセカンドロープに上り、YOHがBUSHIを田口の臀部目掛けてハンマースルー。だが、逆にBUSHIはYOH、さらに真壁を田口の臀部に叩きつける。
 海野には内藤が低空ドロップキックをヒット。田口がリングに振り向くと、そこにはL・I・Jの4人。ここで田口はグータッチと見せかけてヒップアタックを繰り出す。しかし、L・I・Jはアッサリとかわし、4人で同時に低空ドロップキックをお見舞い。
 次はヒロムが田口に「IWGPジュニアヘビーに挑戦してみますか!」と投げかけながら逆水平チョップを連発。さらに串刺しのヒロムちゃんボンバーから低空ドロップキックを炸裂。
 スイッチしたSANADAは田口の後頭部にエルボー。そしてフライングメイヤーからスリーパーで捕獲。YOHがカットに入るも、ヒロムが場外に連れ出す。
 次は内藤がSANADAと共に田口にダブルのクローズラインからカバー。田口がカウント2ではね返すと、内藤はエルボーを連発。さらにネックブリーカードロップと見せかけて、相手コーナーの海野に低空ドロップキックをヒット。
 スイッチしたSANADAは、田口の背中に引っかき攻撃。田口はチョップを繰り出し、ヒップアタックを放つも、SANADAはアトミックドロップで迎撃。
 しかし、田口はフェイントからヒップアタックをヒット。スイッチした真壁はSANADAに串刺しラリアット。そして頭部にナックルを落とし、ノーザンライトスープレックスの体勢に。だが、ヒロムとBUSHIがカット。
 すると、真壁はラリアットで二人まとめてなぎ倒す。さらに真壁はSANADAにパワースラム。
 スイッチした海野は、SANADAにアームホイップ。そしてドロップキック、ティヘラ、追撃のドロップキックと波状攻撃。さらに串刺しエルボーからフィッシャーマンズスープレックスを決めるが、SANADAはカウント2ではね返す。
 ならばと海野はSANADAに変形エクスプロイダーを狙う。SANADAはこらえると、串刺し攻撃を仕掛ける。これを回避した海野は前方回転エビ固めを繰り出すも、切り抜けたSANADAはパラダイスロックを完成。そして低空ドロップキックをヒット。
 スイッチした内藤は海野に打撃の猛攻。そしてバックエルボーから低空ドロップキック。さらにコーナーミサイル
を狙うも、海野はエルボーで応戦。すると内藤は低空ドロップキック、そして延髄切り。
 だが、海野はディフェンスすると、STFで捕獲。これはBUSHIがカットに入る。ここから内藤と海野は激しいエルボーの応酬に。海野は延髄切りを繰り出すが、内藤も延髄切り。そしてデスティーノを狙うも、切り抜けた海野はデスライダーの体勢に。内藤も回避するが、海野は変形エクスプロイダーを炸裂。
 次はYOHとヒロムのマッチアップ。YOHはランニングエルボーの連発からフライングフォアアーム。そしてヒロムにトレイン攻撃を敢行する。
 続いてYOHはファルコンアローからヒロムをカバーするも、BUSHIとSANADAがカット。YOHは気合いを入れ、ヒロムにDIRECT DRIVEを狙う。切り抜けたヒロムは、YOHにカウンターのトラースキック。
 さらにYOHに対し、SANADAと内藤のキックに続き、BUSHIがコードブレイカー。そしてヒロムがヒロムちゃんボンバーでYOHをなぎ倒してカバーするが、YOHはなんとかカウント2ではね返す。
 ならばとヒロムはYOHにターンバックル・デスバレーボム。そしてTIME BOMBを狙うも、YOHは前方回転エビ固めで切り返す。
 ヒロムはカウント2でキックアウトすると、エルボーからビクトリー・ロイヤルの体勢で持ち上げる。だが、回避したYOHはファイブスタークラッチへ。
 しかし、ディフェンスしたヒロムはトラースキック。そしてTIME BOMB IIを狙うも、YOHはリバースフランケンシュタイナーで切り返し、さらに強烈なトラースキック一閃。続いてファルコンアロー式牛殺しから、最後はDIRECT DRIVEを炸裂し、ヒロムから3カウントを奪取。ジュニアヘビー級チャンピオンから価値ある直接勝ちを収めた。

COMMENT


 
真壁「いいね! 見た? いいね、流れが良かったね。やっとさ、要所要所はあったかもしんねえけど、のしたな、ロスインゴ。いいじゃない。やっぱノリにノッてるな、こまっちゃんよ(YOHのこと)。最高じゃねえかよ。あの海野のクソ野郎もそうだな。ノリにノッてる。それはそうだ。海外から帰ってきて、今シリーズ、1歩上、2歩上、3歩上、さらに上を望まねえと意味がねえじゃねえか。最高だよ。そして田口監督、見たかよ? ナイスアシスト! ヤツらが入場してきたら、もう精神的にアシストだよ。俺は監督が楽器弾いてるところ見たことねえぞ? オマエ、最高じゃねえかよ。(突然横に田口が現れてキーボードを演奏しているふりをすると)これ弾いてる感じ? 弾いてる感じ、これ?」


 
田口「(気分良く歌いながら)♪ナイスアシストをしちゃったから~ワッチのキーボードがこ~われちゃったから~」
真壁「(リズムを取りながら)オイ! オイ!」
 

 
田口「♪だ~れ~か新しいのを買ってく~ださい、さい、さい、さいっと!」
真壁「センキュー!」

海野「焦っちゃった、焦っちゃった。すいません。1個訂正させていただきます。内藤さん、すいません。凱旋したばっかでリング上での出来事、結果ばっかりに集中してしまって、大事な部分を忘れてました。コメントで自分の気持ちを伝えるっていうことの大切さを忘れてました。それに関しては本当に申し訳ございません。これから内藤さんのようにコメントもしっかり大切にして、リング上の結果を追いかけたいと思います。

ただ一つ、今まで視界に入ってこないって言ってましたけど、リング上で凄い長いこと目が合いましたね? 自分の気のせいじゃなければ、内藤さん、ほんのちょっとでも気にかけてくれたんじゃないですか?

自分はいつでもどこでもやる気があり余ってるので、シングルマッチやりましょうよ。内藤さんがまだもし向いてないんであれば、次からのシリーズ、何がなんでも必死に内藤さんを自分に振り向かせられるように頑張るだけです。以上です」


YOH「今、俺さ、最高に、一番最高にプロレスやってて楽しいんですよ。なんか蘇ったっていうかね。うん、だからそん中でさ、最高のチャンピオン・高橋ヒロムと最高の試合をしたい。リング上で言った通りです。あとはチャンピオン・高橋ヒロムの返事を待ってます」

ヒロム「人生中々思うようにはいかないもんですな。YOH、随分と真っ直ぐな男になったな。真っ直ぐに物事を言えるようになったな。今までこ~んなクネクネした道を、言葉を、言い続けて、歩み続けてきただろう。随分真っ直ぐな男になったじゃねえか。

いいよ。だって、この高橋ヒロムからタッグだろうと何だろうと、3カウントを奪ったのは事実です。もちろん挑戦したいんなら俺は基本誰でも来い。どんなヤツでもいい。このベルト(IWGPジュニア王座)が欲しいヤツだったら挑戦させてやるよ。

そう、その言葉通りだ。YOH、楽しませてくれよ。もっともっと、もっともっと、俺のことを楽しませてくれるんだろ? 俺はもう既にプロレスを最高に楽しんでいる。それ以上の場所まで連れて行ってくれるんだよな? だったらやってやるぜ。ははあ~ん! オマエ、プロレス大好きだなあ? 田口でもねえ。石森でもねえ。昨日凄かったワトでもねえ。デスペでもねえ。……楽しませてくれよ」


BUSHI「2023年、新年早々ワクワクするね。しかし、金剛のジュニア、誰がいる? シケた面した大原か? あとは髪の毛がいつもビショビショでギトギトのタダスケか? いやあ、でも俺が一番絡みたいのはHi69だろう。なんせ、(両腕をクロスして)ポーズが被ってるんだよ。いったいどんな対戦になるのか楽しみだよ。シングルでもタッグマッチでもいい。どっちだっていい。オマエらかかってこいよ」

内藤「今日、ここ大田区総合体育館に金剛の選手たちは来てないようだね? どうせなら2日連続で新日本プロレスの会場に来るぐらいの気持ちを見せてほしかったなあ。それにしても昨日の拳王といい、今日の海野翔太といい、内藤と対戦したいって言われて悪い気はしないよ。

是非、このジャンプ台を使って高~く跳ね上がってくれよ。まあ、内藤哲也という踏み台を上手く使いこなせるんならばの話だけどね。カブロン!」
※SANADAはノーコメント
 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ