アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~

日時
2023年1月4日(水)   14:45開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム  
放送
バナーバナー
観衆
26,085人

MATCH REPORT

オカダが渾身のレインメーカーで世界ヘビー奪還!
ケニーがオスプレイとの極限バトルに激勝!
ジュニアの至宝を巡る四つ巴の戦いはヒロムが勝利!
武藤が新日本ラストマッチでL・I・Jと注目の遭遇!
タマが怨敵アンダーソンからNEVER奪還に成功!
ザックが成田からギブアップを奪い初代TV王者に!
毘沙門がFTRとの接戦を制しIWGPタッグを奪取!
たむを破ったKAIRIに元WWEのモネーが宣戦布告!
TJP&アキラがYOH&ラッシュを下し王座防衛!

月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!! 

 1月4日(水)、東京・東京ドームで年間最大のビッグイベント『アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~』が開催された。
  
 本戦の幕開けとなる第1試合では、『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』優勝チームのYOH&リオ・ラッシュ組が、IWGPジュニアタッグ王者のCatch 2/2(TJP&フランシスコ・アキラ)のベルトに挑戦。YOH&ラッシュはゴングを待たずに奇襲攻撃を仕掛けるが、TJP&アキラは花道でラッシュに強烈なアリウープを炸裂。その後、孤立したYOHを、王者組は多彩な連携で追い込む。だが、YOH&ラッシュもスピーディーなファイトで意地の反撃。終盤、攻守が激しく入れ替わる中、YOHはDIRECT DRIVEへ。だが、TJPが首固めで切り返して3カウントを奪取。王者組がV3に成功した。

 第2試合は初代IWGP女子王者のKAIRIが初防衛戦として、スターダムの人気ユニット「COSMIC ANGELS」を率いる中野たむを迎撃。両者は序盤から感情ムキ出しでぶつかり合う。打撃の攻防から、たむはいきなりバイオレット・スクリュー・ドライバーを炸裂。だが、KAIRIはカウント2で跳ね返すと、カットラスからのインセインエルボーでたむを撃沈。すると初防衛に成功したKAIRIの前に、元WWEのサーシャ・バンクスあらため、メルセデス・モネーが登場。モネーはKAIRIをKOし、次期挑戦を強烈にアピールした。

 第3試合では昨年の『WORLD TAG LEAGUE』優勝チームの毘沙門(後藤&YOSHI-HASHI)が、AEW所属のIWGPタッグ王者FTR(ハーウッド&ウィーラー)に挑戦。FTRは緻密な試合運びと、次々に繰り出す連携で毘沙門を追い込んでいく。だが、毘沙門も負けじと徹底抗戦。試合が佳境に入ると、FTRはYOSHI-HASHIにビッグ・リグを狙う。だが、YOSHI-HASHIが切り抜け、ここから毘沙門が一気に挽回。最後は孤立したハーウッドを消灯で沈め、王座奪還に成功した。

 第4試合は『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』決勝戦として、成田蓮とザック・セイバーJr.が激突。両者は序盤から激しい打撃の応酬、すばやい関節の取り合いを繰り広げる。終盤、コブラツイストを巡る攻防から、成田はグラウンドに持ち込み足関節を狙う。だが、ザックはすばやい動きで腕ひしぎ逆十字で切り返し、電光石火のギブアップ勝ちをスコア。試合後、新たなベルトを手にしたザックの前にTMDKが登場。ユニットのTシャツを差し出すと、ザックはそれを受け取り、TMDKへの電撃加入が決定した。

 第5試合はNEVER無差別級王者のカール・アンダーソンが3度目の防衛戦として、因縁深い相手である前王者のタマ・トンガと対決。タマは序盤からラフファイトを仕掛け、花道でのバーナードライバーで大ダメージを与える。その後も旋回式ガンスタン、コーナー最上段からのリバースガンスタンなど、大技で追い詰めていく。苦しい戦いとなったタマだが、意地を爆発。すばやい技の読み合いからアンダーソンに飛びつきガンスタンを決めると、最後は正調のガンスタンで王座奪還を成し遂げた。

 第6試合では「武藤敬司新日本プロレスラストマッチ」として、武藤(ノア)がかつての付き人である棚橋弘至、そして新日本の時代を担う海野翔太とトリオを結成し、内藤哲也&SANADA&BUSHI組が対峙。“武藤全日本”でデビューを果たしたSANADAは先発を買って出ると、武藤との最初の攻防でいきなりラウンディング・ボディプレスを炸裂。だが、武藤もシャイニングウィザードで応戦。試合が佳境に入ると、海野が内藤をSTF、武藤がSANADAにドラゴンスクリューからの4の字固め、棚橋がBUSHIをテキサスクローバーを決め、場内を沸かす。最後はBUSHIに対し、棚橋がスリングブレイド、武藤がシャイニングウィザード、そして海野がデスライダーを炸裂し勝利を収めた。

また、第6試合終了後のバックステージに、プロレスリング・ノアの金剛が登場。昨年の1.8横浜アリーナで敗北を喫したL・I・Jに宣戦布告した。

 第7試合はIWGPジュニアヘビー級王座戦4WAYマッチで、王者・石森太二、高橋ヒロム、エル・デスペラード、そしてマスター・ワトが激突。ジュニアの至宝を巡る四つ巴の戦いは、攻守が激しく入れ替わる目まぐるしい展開に。デスペラードが石森をヌメロ・ドス、ヒロムがワトをDで同時に捕え、ギブアップを競う場面も。空中戦では、ヒロムがコーナー最上段から決死のダイビングセントーンを敢行。4人が死力を尽くした王座戦は終盤、ワトがデスペラードと石森にレシエントメンテ IIを炸裂。ヒロムにも狙うが、これを切り抜けたヒロムが、最後はTIME BOMB IIでワトを撃沈。ヒロムが5回目の王座戴冠を果たした。

 第8試合はダブルメインイベントⅠ、レック Presents IWGP USヘビー級選手権試合。王者ウィル・オスプレイがベルトを懸けて、かつて新日本で一時代を築き、現在はAEWでトップの一角を担うケニー・オメガを迎撃。世界中のプロレスファンが注目するドリームカードは、序盤から両雄が意地とプライドを真っ向からぶつけ合う。テーブルや金具むき出しのコーナーを使った危険を顧みない攻防に、場内は悲鳴に近い声が響く場面も。終盤、満身創痍の両者はエルボーの応酬を繰り広げ、そこからケニーがクロスアーム式ジャーマンスープレックスを炸裂。そしてリストをつかんだままカミゴェを炸裂すると、最後は片翼の天使で死闘に終止符。ケニーがUSヘビー2度目の戴冠を果たした。

 そして第9試合はダブルメインイベントⅡ、『G1 CLIMAX 32』覇者のオカダ・カズチカが、IWGP世界ヘビー級王者ジェイ・ホワイトに挑戦。覇者と王者による頂上対決は、序盤から最後を飾るにふさわしいせめぎ合いに。途中、外道が乱入するも、オカダは蹴散らしてみせる。だが、ジェイはラフファイトと狡猾なインサイドワークを武器に、主導権を握らせない。白熱の攻防が続く中、一瞬のスキをついてジェイはブレードランナーを炸裂。しかし、カバーはオカダが執念のキックアウト。するとジェイはレインメーカーのモーションからブレードランナーを狙うも、オカダは切り抜けてレインメーカーをお見舞い。だが、ジェイも3カウントを許さない。終盤、オカダは延髄斬りを決めると、さらに掟破りのブレードランナーを食らわす。そして最後は旋回式のツームストンパイルドライバーから渾身のレインメーカーを決め、粘るジェイから3カウントを奪取。オカダが昨年6月の雪辱を果たし、世界ヘビー2度目の戴冠を果たした。
 試合後、鷹木信悟が登場し次期挑戦をアピール。そして最後はオカダが「俺がIWGP世界ヘビーのチャンピオンでいるかぎり、51周年の新日本プロレスにカネの雨が降るぞ!」と咆哮。さらにアントニオ猪木さんに捧げる「1、2、3、ダー!」を行ない、大会を締めくくった。

 このほか、第0-1試合では正式デビューに向けて修業中のボルチン・オレッグが、先輩の大岩陵平を相手にエキシビションマッチ(3分1本勝負)を敢行。力強い投げ技を繰り出し、正式デビューへの期待感を高めた。

 第0-2試合では『KOPW 2023』進出権争奪ニュージャパンランボーが行なわれ、最後の4選手になった時点で決着となる時間差バトルロイヤル(出場19選手)は、大混戦の末、鷹木信悟、矢野通、SHO、グレート-O-カーンが勝利。1.5大田区での『KOPW 2023』決定戦4WAYマッチ進出権を獲得した。

 第0試合終了後に行なわれたアントニオ猪木メモリアル6人タッグマッチでは、真壁刀義&小島聡&永田裕志組と藤波辰爾&鈴木みのる&タイガーマスク組が激突。タイガー服部さんがレフェリーを務め、それぞれが闘魂をぶつけ合った追悼試合は、真壁がタイガーの丸め込みを押しつぶして3カウントを奪取。試合後、藤波の音頭により、場内全体で「1、2、3、ダー!」が行なわれた。


【1月4日(水)22時~】『真夜中のレッスル&キングダム』新春1発目! 今回は「高橋ヒロム選手(前編)!配信時、タイトル戦はどうなってる!? 深刻な新日ジュニア“後継者”問題!

RESULT

第0-1試合 3分1本勝負
エキシビションマッチ 3分1本勝負

3分00秒  時間切れ引き分け
※15時20分開始予定

試合詳細を見る

第0-2試合
『KOPW 2023』進出権争奪ニュージャパンランボー

30分37秒  オーバーザトップロープ
※SHO、オーカーン、矢野、鷹木が『KOPW 2023』決定戦4WAYマッチ進出権を獲得

試合詳細を見る

「新日ちゃんぴおん。」の三谷アナが登場!『バラバラ大選挙』の投票をアピール!

試合詳細を見る

30分1本勝負
アントニオ猪木メモリアル6人タッグマッチ

9分10秒  エビ固め
※16時20分開始予定

試合詳細を見る

「1、2、3、ダー!!」藤波辰爾がファンともに大合唱!

試合詳細を見る

「アントニオ猪木 映画プロジェクト」が始動!

試合詳細を見る

第1試合 60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

  • <チャレンジャーチーム/『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』優勝チーム>
  • <第70代チャンピオンチーム>

vs

  • ※3度目の防衛戦
10分29秒  首固め
※チャンピオンチームが3度目の防衛に成功

試合詳細を見る

第2試合 60分1本勝負
IWGP女子選手権試合

  • <チャレンジャー>
  • <初代チャンピオン>

vs

  • 中野 たむ

    結果

  • 結果

    KAIRI

  • ※初防衛戦

試合詳細を見る

場内騒然!元WWE、元サーシャ・バンクス改め、 メルセデス・モネがIWGP女子王座に挑戦表明!

試合詳細を見る

第3試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • <チャレンジャーチーム/『WORLD TAG LEAGUE 2022』優勝チーム>
  • <第96代チャンピオンチーム>

vs

  • ※3度目の防衛戦
10分10秒  消灯→エビ固め
※FTRが3度目の防衛に失敗。後藤&YOSHI-HASHIが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第4試合 15分1本勝負
『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』決勝戦

10分32秒  腕ひしぎ十字固め
※ザックがNJPW WORLD認定TV王者となる

試合詳細を見る

NJPW WORLD認定TV王者となったザックが“TMDK”に電撃加入!

試合詳細を見る

第5試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <チャレンジャー>
  • <第37代チャンピオン>

vs

  • ※3度目の防衛戦
9分36秒  ガン・スタン→片エビ固め
※アンダーソンが3度目の防衛に失敗。タマが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第6試合 30分1本勝負
武藤敬司新日本プロレスラストマッチ

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合 4WAYマッチ

  • <チャレンジャー>
  • <チャレンジャー>

vs

境界線

  • <チャレンジャー>
  • <第92代チャンピオン>
  • ※2度目の防衛戦
16分43秒  TIME BOMBⅡ→体固め
※石森が2度目の防衛に失敗。ヒロムが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅠ レック Presents IWGP USヘビー級選手権試合

  • <第16代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

  • ※5度目の防衛戦
34分38秒  片翼の天使→片エビ固め
※オスプレイが5度目の防衛に失敗。ケニーが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅡ IWGP世界ヘビー級選手権試合

  • <チャレンジャー/『G1 CLIMAX 32』優勝者>
  • <第5代チャンピオン>

vs

  • ※3度目の防衛戦
33分03秒  レインメーカー→片エビ固め
※ジェイが3度目の防衛に失敗。オカダが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

鷹木がIWGP世界ヘビー王者・オカダに挑戦表明!最後は「1、2、3、ダー!!」の大合唱!

試合詳細を見る

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ