DOMINION 6.4 in OSAKA-JO HALL

日時
2023年6月4日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
大阪・大阪城ホール  
放送
バナーバナー
観衆
7,040人

MATCH REPORT

SANADAが辻の猛攻を振り切りベルト死守!
オカダ組が海野組を撃破し王座防衛!
あのB・ダニエルソンがオカダに宣戦布告!
ヒロムがワトとのジュニア頂上対決に激勝!
毘沙門が三つ巴の戦いを制しタッグ2冠王に!
ザックがコブとの王座戦第2Rに逆転勝利!
Catch 2/2がIWGPジュニアタッグを奪還!
オスプレイはアーチャーを破りケニー戦へ!
モロニー、ゲイブ、コグリンが衝撃のBC入り!
 
★月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!! 

 6月4日(日)、大阪・大阪城ホールにて『DOMINION 6.4 in OSAKA-JO HALL』が開催された。今大会では数々のタイトルマッチを中心に激闘が繰り広げられた。

 第1試合はIWGP USヘビー級王座ナンバーワン・コンテンダートーナメントの決勝戦で、ウィル・オスプレイとランス・アーチャーが激突。体格で優るアーチャーに対し、オスプレイは機動力で対抗。終盤、アーチャーは高角度のチョークスラムを炸裂。だが、オスプレイは意地を見せ、怒涛のヒドゥンブレード3連発でアーチャーを撃沈。前USヘビー級王者のオスプレイが、現王者のケニー・オメガとの奪還戦に臨むことに。試合後、オスプレイは6.25カナダ『Forbidden Door』でのケニー戦実現をアピールした。

 第2試合はタイチ&金丸義信&DOUKI&TAKAみちのくvs内藤哲也&鷹木信悟&BUSHI&ティタン。メインに勝利のバトンをつなぐべく、Just 5 GuysとL・I・Jはつばぜり合いを展開。終盤、L・I・Jは孤立したTAKAに波状攻撃。最後は『BEST OF THE SUPER Jr.』準優勝のティタンが、ダイビングフットスタンプからのジャベ・インモルタルでTAKAからギブアップを奪った。

 第3試合はIWGPジュニアタッグ王者のJET SETTERS(KUSHIDA&ケビン・ナイト)が、前王者のCatch 2/2(TJP&フランシスコ・アキラ)とリマッチ。終盤、Catch 2/2はナイトに2/2を狙うが、これは不発に。ここからJET SETTERSはたたみかけを見せ、ナイトがアキラにアッパールームを狙う。しかし、TJPが食い止めると、Catch 2/2はザ・リーニングタワーを炸裂。続いて2/2をナイトに突き刺し、ベルト奪還に成功した。
 すると試合後にクラーク・コナーズが登場。そして、なんとCatch 2/2のセコンドについてたダン・モロニーが、背後から新王者組を襲撃。コナーズ&モロニーが次期挑戦をアピールした。

 第4試合はNJPW WORLD認定TV王座戦として、王者ザック・セイバーJr.がジェフ・コブを迎撃。両者は5.3福岡でも同王座を懸けて対峙し、15分時間切れ引き分けに。第2ラウンドとなった今回も、ザックのテクニックとコブのパワーが激しく交錯。終盤、コブは掟破りのヨーロピアンクラッチでザックに揺さぶりをかけると、アスレチックプレックス、ジャーマンとたたみかける。そしてとどめのツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うが、ザックは十字架固めで切り返し、逆転の3カウントを奪取。難敵とのリマッチを制し、10度目の防衛に成功した。

 第5試合はIWGPタッグ&STRONG無差別級タッグ王座決定戦3WAYマッチとして、毘沙門(後藤洋央紀&YOSHI-HASHI)とEVIL&高橋裕二郎組、そしてグレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ組が対決。オージー・オープンの両王座返上に伴い急遽決まった三つ巴の戦いは、終盤にH.O.Tが4人がかりで大暴れ。だが、スケボーを手にしたYOHがH.O.Tを一掃。次から次へ戦況が変わる中、毘沙門は裕二郎に新合体技のデンジャラスニーブラを炸裂。そこから消灯につなぎ、毘沙門が2冠王者に。
 すると試合後にBULLET CLUBのTシャツを着たアレックス・コグリン&ゲイブリエル・キッドが乱入し、毘沙門をKO。そしてベルトを手にすると、Too Sweetサインを見せた。

 第6試合ではNEVER無差別級王座戦として、エル・ファンタズモが王者デビッド・フィンレーに挑戦。フィンレーらにBULLET CLUBを追われたファンタズモは、怨敵に対し得意の空中技を軸に攻め込む。だが、フィンレーも狡猾な試合運びとラフファイトで応戦。終盤、ファンタズモは乱入を狙うBULLET CLUBの面々を、空中技の連発で排除。だが、フィンレーはテーブルへのパワーボムでファンタズモの動きを止めると、さらに追撃のパワーボムからのINTO OBLIVIONで撃沈。復讐を狙うファンタズモを返り討ちにした。

 第7試合ではIWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロムに、『BEST OF THE SUPER Jr.30』覇者のマスター・ワトが挑戦。ジュニア頂上対決は、序盤から互いに意地をぶつけ合い白熱の攻防に。試合が佳境に入ると、ワトはヒロムのTIME BOMB IIをTTDで切り返し、さらにレシエンテメンテ、ベンダバール、通天閣ジャーマンと追い込んでいく。だが、ヒロムも執念の反撃を見せ、最後はTIME BOMB IIでジュニアの至宝を死守。自身最多となるV5に成功した。

 セミ(第8試合)はNEVER無差別級6人タッグ王者のオカダ・カズチカ&棚橋弘至&石井智宏組がベルトを懸け、ジョン・モクスリー&クラウディオ・カスタニョーリ&海野翔太組を迎撃。ブラックプール・コンバットクラブのモクスリーとカスタニョーリは荒々しいファイトで、場内のどよめきを誘う。力強い援軍を得た海野も、オカダに対し闘志ムキ出しで猛攻を見せる。だが、王者組は終盤に海野に合体DDTを炸裂。それでも海野は奮闘するも、最後はオカダが旋回式エメラルドフロウジョンからのレインメーカーで海野に激勝。
 試合後、BCCのブライアン・ダニエルソンがVTRメッセージでオカダに宣戦布告した。

 そしてメイン(第9試合)ではIWGP世界ヘビー級王者のSANADAが防衛戦として、前日の会見でL・I・J入りを表明した辻陽太と激突。この試合が凱旋帰国初戦となる辻は、開始早々にスピアー、フォズベリー・フロップを繰り出し、一気に場内の空気をつかむ。その後も辻はパワーファイトとアクロバティックな動きで優勢となるが、SANADAもチャンピオンの意地を発揮し徹底抗戦。終盤、SANADAはラウンディング・ボディプレスからシャイニングウィザードを決めると、最後はデッドフォールで辻をマットに突き刺し撃沈。
 激闘を制したSANADAは試合後、“ギフト”を演出すると「日本で一番、ここ大阪がめっちゃ好きやで!」と叫び、大会を締めくくった。

 そのほか、第0試合では『CSテレ朝チャンネル Presents ヤングライオン THREE CONSECUTIVE BATTLE』として、オスカー・ロイベが大岩陵平、ボルチン・オレッグ、中島佑斗と連戦を敢行。結果はロイベの1敗2分に。
 また、『G1 CLIMAX 33』の出場メンバー32名が発表され、プロレスリング・ノアの清宮海斗の名が告げられると、場内は大きなどよめきに包まれた。

『真夜中のレッスル&キングダム』今回は「TJP選手(後編)!知られざる“プライベート”を直撃!突如、息子が田口監督マニアに!? なんと中日ドラゴンズの大ファン!?」

RESULT

第0試合 各5分1本勝負
CSテレ朝チャンネル Presents ヤングライオン THREE CONSECUTIVE BATTLE

2分55秒  逆エビ固め
※オスカーの0勝1敗2分

試合詳細を見る

第1試合 時間無制限1本勝負
IWGP USヘビー級王座ナンバーワン・コンテンダートーナメント 決勝戦

8分01秒  ヒドゥンブレード→片エビ固め
※オスプレイがIWGP USヘビー級王座ナンバーワン・コンテンダーに決定

試合詳細を見る

挑戦権を手にしたオスプレイがIWGP USヘビー級王者・ケニーに宣戦布告!

試合詳細を見る

第2試合 30分1本勝負

試合詳細を見る

第3試合 60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

  • <第71代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
10分38秒  2/2→エビ固め
※KUSHIDA&ケビンが初防衛に失敗。TJP&アキラが第72代チャンピオンチームとなる

試合詳細を見る

モロニーがBULLET CLUBに電撃加入!クラークとともにCatch 2/2を完全KO……!

試合詳細を見る

第4試合 15分1本勝負
NJPW WORLD認定TV選手権試合

  • <初代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
8分46秒  回転十字固め
※ザックが10度目の防衛に成功

試合詳細を見る

第5試合 60分1本勝負
IWGPタッグ&STRONG無差別級タッグ 王座決定戦3WAYマッチ

13分15秒  消灯→片エビ固め
※毘沙門がIWGPタッグ第99代王者&STRONG無差別級タッグ第4代王者となる

試合詳細を見る

ゲイブリエル・キッド&アレックス・コグリンがBULLET CLUBに衝撃加入!新王者・毘沙門を襲撃!

試合詳細を見る

『G1 CLIMAX 33』出場選手発表

試合詳細を見る

第6試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <チャレンジャー>
  • <第39代チャンピオン>
18分51秒  INTO OBLIVION→体固め
※フィンレーが初防衛に成功

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <第93代チャンピオン>
  • <チャレンジャー/『BEST OF THE SUPER Jr.30』優勝者>
19分50秒  TIME BOMBⅡ→片エビ固め
※ヒロムが5度目の防衛に成功

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <第26代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
20分37秒  レインメーカー→体固め
※チャンピオンチームが初防衛に成功

試合詳細を見る

ブライアン・ダニエルソンがVTRメッセージでオカダに宣戦布告!

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
IWGP世界ヘビー級選手権試合

  • <第7代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

  • ※2度目の防衛戦
17分01秒  デッドフォール→体固め
※SANADAが2度目の防衛に成功

試合詳細を見る

「日本で一番ここ大阪がめっちゃ好きやで!」2度目の防衛に成功した王者・SANADAがマイクアピール!

試合詳細を見る

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ